トップ

コンプレックス

矯正歯科に通う最適な時期とは

矯正歯科に通うには早い年齢からがいいかというと医師によっても見解は様々です。今では小児も多くあり、子供の顎の成長を利用して行う床矯正を行う事で成人の矯正を無くすまたは簡易的な治療に持っていく事も可能であるとメリットも多いですが、子供のうちから矯正歯科の治療を行うと治療期間が長引くといったデメリットもあります。成人になってからの成人矯正も治療している人が多いです。成人で治療を開始するメリットと言えば、治療方法や意思が本人の強い希望によって取り組む為、2年から3年の治療も根気よく続けれるといったメリットがあります。歯や歯茎が健康なうちは治療が行える為、自分の意思を優先して開始してみても良いでしょう。

歯列矯正が可能な年齢

最近では大人でも矯正歯科治療をする人が多くなっていますが、治療に通う場合は年齢が若い方が効果が高く期間も短くて済みます。特に子供の場合は骨が柔らかく、顎の成長が旺盛なので適齢期になります。まだ3~8歳位の時期で矯正歯科に通い、顎の大きさや上下のバランスなどの骨格に対する治療をすると、その後の歯並びが良くなりその後の矯正も簡単に済む事があります。また全て永久歯が生え揃う10歳位からは、装置で歯を動かすのに理想的な年齢です。一度子供の頃に矯正しても、アフターケアを怠ると戻ってしまう事もあります。大人になっても時間は掛かりますが可能ですし、メリットも多いのでお勧めの治療です。

↑PAGE TOP

© Copyright 矯正歯科治療を開始する時期. All rights reserved.